読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の私をかいつまむと

1月、いい感じで寒くなってきましたね。

こんなに冬が暖かかったら春が失われて4月くらいから夏が始まるのではないだろうか、なんて危惧してた私には朗報です。

 

さて、久々にブログを書こう、なんか書こう、と思っていたのですがうまいことネタが降臨してこない。話が広げられない。うんうん唸って考えてたけれど、出ないときに無理矢理振り絞って書いても薄っぺらい記事しか書けないので、いったん寝かせることに。

かといってこんだけ唸ったのに何も書かないのもヤダなあ、ってことで、ちょびっと自分の近況をば。

 

 

■ここ数日のこと

母が休暇を使って関西に遊びに来ていた。

最終日の今日、「どこ行きたいん?」という問いに対して母の口からリクエストとして出て来た「京都水族館」へ行ってきた。

水族館なんて何年ぶりだろう。高校の修学旅行で行った美ら海水族館以来?なんてドキドキびくびくしながら足を踏み入れたけど、結構楽しめた。

中でも私はオットセイの泳ぎに魅了された。いやー、気持ち良さそうに泳ぐのよ、彼ら。

 

んで、メインイベントとしてやってたイルカショーを最後に見た。もちろん、イルカ可愛かったし賢かったんだけど、私が一番胸打たれたのは最後にトレーナーのお姉さんが言い放った台詞。

 

「私たちトレーナーは、これだけの方が見てくださっている以上、いいパフォーマンスを見せたいと毎回思っています。でもイルカは、パフォーマンスがうまくいくかどうかなんて気にしていません。彼らにとって大事なのは、今楽しいかどうかなのです。だから、私たちトレーナーはどうやって彼らを楽しませ続けよう?と考えながら日々接しています。」

 

いや、もう泣けたよね。なんか。

イルカの哲学のなんてシンプルで美しいこと。ちょっとウルってきたわ。

 

 

■やってること①

去年の年末、会社の先輩と飲みに行った。

その方は本当天才的に面白い方で(周りみんながそう認めてるのに「自分は凡人だ。何も持っていない。」と言い張っているところがほんまの天才、という感じがする)わたしが敬愛している先輩なんだけれど、美味しいお酒とごはん片手にいろいろと話してる中で、先輩が去年色彩検定に挑戦し合格したことを知った。それで、今年はその上の級の取得を目指してるらしいんだけど、受験が6月でまだ結構時間があるので、それまでの埋め合わせもかねて2月に漢字検定を受験する、ということも知った。それを聞いて、私の中の何かがロックオン。「私も受けます!」そう言って、気がついたら申し込んでたよ、漢字検定。しかも「◯○さんが2級を受けるのなら、私は準1級を受けます!」なんて余計な尾ひれを付けて。

 

でね、気がついたらね、受験日もうすぐなんです。2月7日。

でもね、テキストはびっくりするくらい進んでないんです。

 

いや、2級までだとなんとなく日常生活で見聞きする字が多いからなんか覚えやすいんだけれども、準1級の顔ぶれ見たら、「いや、あんただれ?平成の世になってから誰かがこんな言葉使ったことある?」っていうようなのがまあわんさか出てきまして。実用性とか即効性を感じられないと学習が身に付きづらい私の性格と、まるで水と油のようにせめぎあっているよ。

 

合格率10%ちょっとらしいし形勢は完全不利だけど、と、と、とりあえず当日までがんばりやす。

 

 

■やってること②

去年11月から宣伝会議主催の編集・ライター講座に通ってる。ほぼ毎週土曜日午後の時間をまるまる遣う半年間の講座。投資した費用はかなり高額。けれど、すでにその価値を十分に感じている。

講師の方は主に京阪神地域で活躍されている編集者さん・ライターさん。講義では心構えからノウハウ、裏話までかなり多岐のことを話してくださる。周りの受講生も、そうした職を志している方から、今やっているお仕事の幅を広げるために受講されてる方、あとは現役の編集者さん・ライターさんまでさまざまで面白い方が多い。

 

「どんなに優秀な方から良いお話を聞いても、優秀なメンバーに囲まれても、結局力を付けられるかは自分しだい」ということが一番の学びだったし、これからもそれを痛感していくと思う。だからこそ、実践・実践・実践に限るね。

 

毎回参加するたびに、自分は何が好きなのか、何をしたいのか、を思い出させてくれる。

それに、「面白い!」「悔しい!」「カッコワルい!」みたいな感情を、いっぱい揺さぶられるのだ。

課題出題のペースと量が増え、いい感じにちょっと大変になってきた。認められれば実際に媒体で書くチャンスも与えてくれたりと恵まれた環境なので、力の試されどころ、がんばりやす。

 

 

■やること

小説書きます。3月末締め切りの賞に応募します。

だがしかしかけてない。①と②に振り回されてるうちに。

なので割り切った。漢検が終わる2/7までは書かない。ネタだけストック。そして、1ヶ月半で書き上げる。

コレに関しては、クオリティどうこうでなく久々に小説を一本書ききって送ったった!!ということの方が自分にとってのまずミッションやから、つべこべ言わず頑張る。

 

 

他、ブログとリンクするようなネタを仕込んではいるのだけど、形にするにはかなり時間のやりくりを考えないとな、といったところ。こちらはちょい出しで。

 

 

 

一部だけど、こんな感じ。

というわけで、今年は頭ん中でいろいろ考えるんじゃなくて、作業します。行動します。形にします。ニュータイプの私になります。ぜい。