読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダサい。超ダサい。

私はどうも、欲張りな人が好きみたいだ。

 

 

昨日、そういえばだいぶ前に買ったけど読んでなかった、この本を読んだ。

 

半径5メートルの野望

半径5メートルの野望

 

 

はあちゅうさん。

ネット(ソーシャル)上での影響力が強い分、かなり賛否両論分かれる方だ。

私も特別彼女のことを好きというわけではないし、そもそもあまり知らないんだけど、以前から彼女の行動力とか根性とかには惹かれる部分があって、この本も買った気がする。

 

読んでみると、まあ泥臭い。

特に前半部分は、簡単に言うと「今までめっちゃ批判されてきたけど、こんなんで腐ってたまるか!見てろよ!」的な内容で、正直そんなに気持ちいいものではない。

 

だけど、読み進めていくとどんどん考えが純化されていってる気がする。

 

たくさんの批判を浴びて、

自信を失くして今もコンプレックスにまみれている。

けれど、だからこそ、そんな自分に打ち克とうと、

死ぬほどの努力を重ねて自分を変えようとしている。

 

そんな泥臭い姿が、本当にカッコ良かった。

 

 

わたしが、4年半前に出会い、好んでやまない本がある。

Tokyo Dream

Tokyo Dream

 

 

とある大切な友達に教えてもらった本。

大好きすぎて、もう10回以上は読んだ本。

もしかしたら、20回に達してるかも。

 

この本の著者のLilyさんも、本当に泥まみれになりながら夢を追っかけ続けて叶えた人。

 

 

2人とも、欲深くてほんとカッコいい。

もとから優秀な訳でも、生まれつきの美貌に胡座をかいて生きている訳じゃない。

外見も、内面も、死ぬほどの努力で磨いて来た人。

大嫌いな自分、ちっぽけな自分に、向き合い続け勝負を挑んでいる人。

どれだけ転ぼうとも、夢を追いかけてるし、終着点を作らない人。

心底カッコいいよ。

 

 

 

 

こーゆー本、読み終えてみるとほんと思うね。

今の自分ダッサい!!!!!!!!って。

 

嫌いだー。。。

向き合ってはいるけど、乗り越えられてない。

 

 

コンプレックスは死ぬほどあるけど、

それを「コンプレックス」と叫ぶに値しないくらい何もしていない。

 

 

ああ、ダサい。

変わりたい。

 

 

もがいたって、手に入らないものはきっとたくさんあるよ。

心にぽっかり穴が開くかもしれない。

 

たとえ夢を叶えられたって、そこから見える景色が美しいとは限らないよ。

「あれ?私が欲しかったのってこんなものだっけ?」と思うかもしれない。

 

 

でも、その道程で努力した自分だけは絶対裏切らないと思うんだ。

「こんなことなら頑張らなきゃよかった」って、これまでの人生で思ったことなんて一度も無い。

 

「くっそー!ダメだったか。悔しい。でも、自分よくやったよ」って称えられるし、その山を登る前より少しだけ自分のことを好きになれるはず。

 

 

だからね、ダサいのいやだからがんばろ!って自分を鼓舞。

 

 

こんなことを、嘆く夜もあってもいい。

 

やっぱり、文章を綴ることで、自分の芯が少しずつ作られていく気がする。