読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の素敵な個別指導塾兼レンタルスペース『Study Room』に行ってきました

大学時代に出会った先輩である翔一さんとしょーじさんが運営されている京都の個別指導塾兼レンタルスペース『Study Room』に行ってきました。

 

▼HP

studyroom.asia

 

Facebookページ

https://www.facebook.com/studyroom.asia

 

 

各線三条駅からトコトコ歩いて北上すること10分弱。

何やら面白そうな予感を漂わせているアパートの2FにStudy Roomはありました。

 

コンコンとノックして扉を開くと、そこは木の温もりが溢れる、優しさと開放感に包まれた空間でした。

今日も塾の集中講義の日だったので、生徒さんが熱心に勉強されてました。

 

以前、春頃に翔一さんからお話を聞いたときには、「今ちょうど施工中で、、、」と聞いていたStudy Room

HPやFacebookページで完成した内装を見てはいたのですが、めちゃめちゃお洒落な空間になっていて、驚きました。

 

浪人生の頃スターバックスで受験勉強をしていて〝サードプレイス〟と自分のペースで勉強ができる空間の必要性を身を持って感じられた翔一さんが夢見て、想いを込めて作られた空間。

「大人のための自習室」として開放してほしいくらい、勉強したくなりました(笑)

 

私は高校生の頃、家が貧乏すぎて塾に行けませんでした。

「塾がなんぼのもんじゃい!」と思って負けず嫌いの一心で自習に励み、どうにかクラスの上位の成績を保とうと奮闘していたけれど、本音では塾で切磋琢磨しているクラスメイトがうらやましかった。

でも、今になって思うんです。私が必要としていたのは集団指導塾ではなくて、このStudy Roomのような、それぞれの目標に向かって進む仲間(関わる頻度が多くても少なくても、同じ空間で勉強しているだけで仲間意識は生まれると思う)と、いつどんなときにでも気張らずに足を運び勉強ができる空間だと。

 

 

そして、Study Roomは塾としてだけではなく、コミュニティスペースとしての色も持ち合わせています。

本を愛し、居心地の良い空間づくりが得意なしょーじさんがそれをプロデュース。

イベントなどに場所を貸し出したり、さまざまな人が本を持ち寄って貸し借りができるまちライブラリーというしくみを作ったり(私も2冊寄贈させてもらいました)、今後もさまざまな構想を持っていて、お話を聞いててだいぶワクワクしました!

きっと、Study Roomは今後、色んな年代の、それぞれのバックグラウンドを持つ方たちが交わっていける場になるんだと思います。

 

 

 

教室の壁一面を占めている、黒板にはこう書かれていました。

 

Sow an environment, reap a thought.

Sow a thought, reap an action.

Sow an action, reap a habit.

Sow a habit, reap a character

Sow a character, reap a destiny.

 

環境が変われば心が変わる

心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

 

 

普通の塾とはひと味もふた味も違う、未来への種蒔きができるような場所。

Study Roomからは、これからたくさんの花が咲き誇っていく気がします。

 

 

翔一さん、しょーじさん、ありがとうございました!

またぜひ寄らせていただきます^^